補聴器の選び方

難聴に伴う聴力を補うための補聴器について、補聴器にはどのような種類があるのか?選ぶ基準は?そして留意する点は何か?技術の進歩で補聴器の精度は年々高まっています。

補聴器で難聴を克服

日々の生活でなるべく支障がないようにするために聴力を補う補助器具としては補聴器が上げられます。難聴で補聴器を使うというと一般的に老人性難聴に代表されるように治療で聴力を回復させるのではなく、耳にイヤホンを入れて聴力を補うことだけと思われますが、そうとも限りません。補聴器は年々性能が良くなり、小型化と精度が上がっています。体外ではなく人工内耳や人工中耳のように耳の内部に埋め込む補聴器もあります。

補聴器の種類

補聴器の代表的なものとしては耳の穴に入れて使うタイプもの、ヘッドホンのように耳に掛けるタイプのもの、小型ラジオのようなものをポケットにいれてイヤホンで聞くタイプのものなどがありますが、その他にも骨伝導を利用したものなどもあります。また補聴器は先の耳の穴に入れて使うタイプのようにオーダーメイドのケースも多いようです。

補聴器を検討する上での注意点

補聴器は購入する前に試しで使ってみるなどテストが必要ですが、それ以前に耳鼻咽喉科で精密な検査と診断を受けた上で、医師の指導の元、補聴器を選択するようにしてください。もしかしたら補聴器ではなく医師のオペで聴力が回復するかもしれません。また補聴器を使うにしても、難聴の程度として、音の大きさ、聴こえる周波数の範囲など個人差がありますので、自分自身に合うか否かの判断ができません。

関連記事

耳管狭窄症 - 鼻風邪や喉の炎症などの原因により発症することが多い耳管狭窄症はどのような症状なのか?検査と原因、治療法とは?

耳管開放症 - 無理したダイエットなど急激な体重減少や過剰なストレスなどで発症しやすいといわれている耳管開放症。原因と症状、治療と検査について。

TRT療法 - 耳鳴り治療のTRT療法とはどういうものか?TRT療法の治療効果は?治療後の耳鳴りが改善されるまでの経過は?

人工内耳と人工中耳 - 体内へ埋め込む装置である人工内耳、人工中耳について。補聴器との違いとは?どのような仕組みなのか?人工内耳により難聴の治療対象になるのだろうか?

難聴治療 - 病状によってさまざまな難聴治療ですが、時間の経過とともに回復が難しくなるのも難聴の特徴です。薬物療法、手術など、難聴治療の概要について。

めまいの原因が脳出血や脳梗塞 - 激しい頭痛やめまい、意識障害、手足の麻痺が伴う病気で耳に異常が無ければ脳出血や脳梗塞かもしれません。スグに救急車を呼んで病院へ連れて行きましょう。緊急手術が必要なことも。

耳鳴り、めまい、難聴などを引き起こす糖尿病 - 糖尿病は大きな病気へ発展するまで血糖値が高いこと以外に自覚症状が無いが、自律神経や血管障害が進むことで耳鳴り、めまい、難聴を引き起こす。

外耳道炎で耳鳴りだけ?生命が危険なことも - 外耳道炎が耳鳴りの原因になることがあるの?耳鳴りだけじゃなく生命が危険なこともある外耳道炎なんてあるの?意外に楽観視している外耳道炎のちょっと怖い部分をご紹介。

突然難聴になった原因が耳菅狭搾症 - 風邪をこじらせて難聴になった。自分の声がこもっている。耳の中が内側へ引っ張られているような感じでキリキリして耳が痛いし、サイレンのような耳鳴りもするようになった。

耳鳴りは根本的な治療が難しい? - 耳鳴りの治療の大半は根本的な治療だけでは難しいという現代医学の現実を知っていましたか?根本的な治療(原因療法)をつづけながら、耳鳴りの苦痛を和らげるための対処療法とは?

カテゴリ

原因と症状

生活に支障が出るほどつらい耳鳴りやめまいの原因と症状にはどんなものがあるんだろう?耳鳴りやめまいの原因となる病気にはどんな種類があるんだろう?そしてその病気の症状とは?

治療方法

生活に支障が出るほどつらい耳鳴りやめまいの治療方法にはどういうものがあるんだろう?薬だけで治るの?それとも手術をしないといけないの?生命に危険があることもあるんだろうか?

注目記事

メニエール病とは?

プロフィール

好きなスポーツはテニスです。
趣味の範囲ですが、茶道も好きです。
最近、家庭菜園を始めました。

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加